本日カフェ休/設計者とホテルマン。

本日カフェはお休みをいただきます。
a0078694_11215213.jpg

建築設計の世界に足を踏み入れてから、
かれこれ十数年になります。
今日は設計者になる前のお話を少々。

学生時代を含めて数年間、
ホテルマンとしてフランス料理や中華料理の正餐など
料理サービスをしていた時期があります。
仕事に就いていたのは品川駅高輪口の真正面にある「ホテルパシフィック東京」。
昭和46年に開業した老舗ですが、
開業時「世界最高のホテル」を目指したという国内資本の高級ホテルですね。

私の社会人としての「しつけ」の多くはここで仕込まれたものです。
会話の仕方、各種作法、手をかけた料理の味、掃除の基本、ホテルマンとしての品格、
「仕事する」とはどういうことなのか・・・etc
そして、何より大切なのは、
「すべてはお客様の満足のために」ということ。

設計者とホテルマン、だいぶ異なる職種にみえますが、
実はそうでもありません。
設計者は確実にサービス業だと、私は考えています。
お客様がいてこそ設計ができるのですから。
自分の設計論などは先んじて表にだすようなものではなく、
何よりお客様の満足が最優先事項です。

お客様が何が好きで、何を実現したくて、という意図を
できるだけ正確に先回りして汲み取り、
経験や知識のありったけを駆使した
最高の設計提案をして、それをカタチにする。
これが、設計者がお客様のためにやるべき仕事の肝と考えています。
言われずとも先回りして
お客様に最高のサービスを尽くすホテルマンと、
大切なところは何ら違いがありません。

こんな風な考えをもつ私を育ててくれたパシフィックホテルですが、
残念なことに、今年の9月末で閉館となります。
近々当時の仲間達と共にホテルを訪ねて、初心に帰ってこようと思います。
なんだかさみしい気分ですね。。。

TOPへ戻る
[PR]
by waon_studio | 2010-08-11 11:21 | studio / ブログ